2017年 04月 28日

ヴィーコ湖

c0199666_20285824.jpg
イタリアで最も標高の高い場所にある湖だそうです。

湖畔のホテルで目覚めた朝に散歩すると、
鏡の様に景色を水面に映していました。
この湖には伝説があり、写真右に写る山に
住んでいた美の神ヴィーナスが、毎朝
化粧をするために、湖を鏡の代わりに
使ったとか。
何だか、素敵なお話です。

話は変わって、現在、ネット環境に
不具合が生じ、回線が使えぬ状態です。
イタリアなので、復旧には、想像を
超える時間がかかることは確実。
かと言って、初めて試みている
携帯からの更新は、私向きではない様
なので、次回からはイタリア風に
のんびりとネットの復旧を待ってから、
ブログを書こうと思っています。


[PR]

# by firenzediary2 | 2017-04-28 20:27 | ちょっと旅 | Comments(0)
2017年 04月 25日

世界地図の間 ~カプラローラ~

c0199666_21162341.jpg
ヴィテルボには魅力的な庭園や別荘が
数多くありますがその中でも忘れては
ならないのがカプラローラにある
フェルネーゼ家の別荘です。

五角形の邸宅の中庭は円形。
どう試みても上手に写真が撮れない
グロテスク文様の螺旋階段はまるで
500年前の時代に遡れる秘密の
階段の様です。

上階には一部屋ずつギリシャ神話や
政治的図像を駆使したフレスコ画に
よって飾られています。

その奥には世界地図の間。
四大陸の擬人像に囲まれた地図が
楕円形に描かれています。
左右の壁にも当時最新の知識を駆使
した地図が詳細に記されています。
アジアの壁には日本もありますが
中国大陸に比べると沖縄の半分位の
大きさしかない小さな島です。

本当に美しい地図の間を再び訪れる
事ができて感無量の一日でした。

[PR]

# by firenzediary2 | 2017-04-25 21:24 | ちょっと旅 | Comments(0)
2017年 04月 24日

聖なる森 ~ボマルツォ~

c0199666_23134558.jpg
およそ15年ぶりにボマルツォの聖なる森
或いはモンスター公園と呼ばれる16世紀の
庭園(森?)を訪れました。

敷地内に設置された、約40種類の意匠は
図像解釈や施主オルシーニの込めた意味
などを考え込んでしまいたくなりますが
純粋に”驚異をもたらす物”を置き
訪問者が森を巡りながら”驚異する”事を
目的に作られたのかもしれないとも思えます。 

上記写真のハルピュイアは5メートル以上
ある大きさ。このような超大型彫刻が森の
中にゴロゴロ潜んでいるのですから
驚かない訳がありません。
連休中ともあり入り口で列になる程の大盛況。
森の中ではピクニックも出来るので家族連れも
多く子供達が地図を片手に嬉々として
モンスター狩りをする姿も見受けられました。

美しく手入れされた彫刻と緑豊かな公園の中を
登り下りながら散策し、改めてこの聖なる森の
虜になってしまいました。

[PR]

# by firenzediary2 | 2017-04-24 23:24 | ちょっと旅 | Comments(0)
2017年 04月 23日

将棋とチェス

c0199666_00170683.jpg
日本の新聞を読んでいると文化欄に
将棋界で活躍する若いプロたちの
記事を見かけます。

イタリアの将棋にあたるゲームと言えば
チェスだと思うのですがチェス界のプロ
にも若い世代がいるのかしら?と疑問に
思います。
「チェスの場合、”プロ”と言う位置づけが
”それで食べていける”と言う物ではない
と思うよ。」と我が家のイタリア人が
言っていました。

でも時間を持て余した時や頭の体操を
したい時などにはぴったりのゲーム
チェス。
子供とはいえ油断していると負けて
しまうのでいつも真剣勝負をしています。

※写真はピノッキオ公園のチェス盤。大きい!


[PR]

# by firenzediary2 | 2017-04-23 00:22 | 考えたこと | Comments(0)
2017年 04月 21日

ミケランジェロの素描を見ながら…

c0199666_18560505.jpg
画家や彫刻家が残した素描には
芸術家の脳裏にあったイメージが
初めて紙の上に載せられた時の
荒々しいながらも繊細な息遣い
の様な物を感じます。

印刷物で見てもそれを感じる
事が出来ますが調査のために
オリジナルの素描を目の前に
した時には芸術家の”意志”が
更に強く伝わってくるように
思います。

線一本で馬の筋肉の動きや
群衆の速度と重さを表現する
素描などは芸術家としての
高い能力を明らかに示すものです。
一体このような素描を描くのに
どの位の時間を要するのだろう
と疑問に思いながら本来は下書き
である素描が次第に芸術作品と
しての価値を有するようになった
時代に想いを馳せています。

[PR]

# by firenzediary2 | 2017-04-21 19:07 | うつくしいもの | Comments(0)